少し違った戦争映画。

クリス・カイルという男の映画。

昨日は以前から見たかった『アメリカン・スナイパー』を見てきました!
アメリカン軍最強の狙撃手と言われた、特殊部隊ネイビーシールズに所属していたクリス・カイルを描いた映画です。
 

公開前から見たかったものの、講習などでバタバタしていて見に行けませんでした。

僕は大の戦争映画好きです。戦争映画は事実をもとに作られてるものが多く、自分としても考えさせられる場面が多々あるし、究極の臨場感や緊張感があります。そのため映画を見た感がすごく強く、よく見ます。

最近では、イラク戦争を舞台にした、ローンサバイバーやハートロッカー、ゼロダークサーティーなどがありました。
そんな戦争映画とは少し違った静かな緊張感のある映画に感じました。

メッセージも強く、凄く考えさせられる映画でした。確かに残酷なシーンもありますが、戦争映画の苦手な方にも見て欲しい映画でした。

友だち追加数

 

076-464-3903

info@kilto.net

富山市清水町4-2-3